9th

 

*ジャケットはイメージです。

indigo jam unit / indigo jam unit

 

■10th album “indigo jam unit"
結成10年目、10枚目のオリジナル・フルアルバム。
夏にレコーディング、冬にリリース、年明け全国ツアーというスケジュールを、
メンバーチェンジも一度も行わず10年間続けてきた、
彼ら4人にしか出すことができない、力強いバンドサウンド。
本作品も、約2ヶ月間にわたり、ほぼ毎日セッション、リハーサルを繰り返しつくられ、
レコーディングは全曲一発録音、ダビングや修正を一切行わず、
彼らのリアルな姿が10曲収録された記念すべき10th album “indigo jam unit"。

 

 

 

オンラインショップで購入

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10秒間のカウントダウン。緊張が高まり、興奮している状況。

 

 

 


地平線から太陽がのぼる、夜明け、始まりをイメージ。

 



階段のぼったり下りたりするようなピアノのフレーズ。

 

 


悲しく、つらいことがあっても、前に進まないといけない。"Move On”。

 

 



古代ローマ、コロシアムのなかで生死をかけて戦っている剣闘士。

 

 



くわえ煙草でハットをかぶり、聞き込み調査をしている探偵をイメージ。

 

 



乾燥したアフリカの大地で、原住民族が大勢で雨乞いの踊りをしている。

 

 


時計の短針と長針がシンクロしてるように、ドラム2人が違うリズムを演奏。

 

 



夏の終わりのある一日、その瞬間を思い出している。

 

 


最後に希望の光がみえる。