Aranjuez とCROSSROCK

CROSSROCKからグラスファイバー製のウクレレケースが発売されました。
今までは、グラスファイバーといえば「アランフェス」でしたが、選択肢が増えました。
素材は同じでもメーカーの違いで、結構雰囲気がかわってみえますねー。
違いをいくつか。個人的な意見、主観ですのでご参考まで。

<形>
クロスロックはウエストのシェイプがキレイで、若干アーチトップ気味、
アランフェスはウエストがないので、
パイナップル型などウエストの無いタイプもおさめることができます。
(写真:黒がアランフェス、白がクロスロック、両方コンサート。)

<サイズと重量>
テナーでは、クロスクロックが若干幅が広いです。
中のクッションも分厚く、内寸も若干大きい感じがします。
そんな理由もあってか、アランフェス2.1kgに対して2.5kgと、若干重め。
コンサートですと、ざっと見たサイズ感はあまり変わりません。
重さはアランフェス1.6kg、クロスロック2.3kg。
※重量、サイズはメーカーHP掲載されている数値です。
(写真左はテナー・ネイビーブルーがアランフェス、写真右はコンサート・黒がアランフェス)

<フィット感>
テナーの場合、
カマカをおさめると、アランフェスは、ほ〜んの少し余裕がありますが、
まぁ、大きすぎずちょうどいい感じかな、と。
クロスロックは、アランフェスよりもうすこし余裕があります。
付属のパットを入れるといい感じだと思います。
コンサートの場合、
アランフェスはマーチンがちょうどいい感じ、
クロスロックは若干きついかも?でも大丈夫かなーくらいです。
中のクッションが結構厚いからだと思います。
(テナー写真:内装黒がアランフェス、赤がクロスロック)

(コンサート写真:左の白がクロスロック、黒がアランフェス)

<その他>
クロスロックはチューナー等を入れるのに便利なスペースがネック下にあります。
アランフェスはご存知の通りカラーバリエーションがすーごいたくさん。
オーダーも可能なカラーもあります。
クロスロックは現在5色展開。

個人的な感想。
アランフェスは軽くてコンパクト、カラーバリエーションが豊富なところがいい感じです。
クロスロックは、内装のクッションも分厚く、高級感&安心感があります。
楽器にフィットする方を選んでいただければと。
なので、ケースを選ばれる際には、
できれば楽器を持ってお越し下さいませ!

ケース類はコチラ
https://www.basisrecords.com/ukulele/html/products/list.php?category_id=268