AER pocket tools

アコースティックギター・アンプの定番といえばAER。
代表モデル”Compact60”(旧Bingo)は、
重量も軽くて、コンパクト、ナチュラルな音質、機能も充実。
現場でもよく見かけます。

そのAERのプリアンプ/DIを独立させたのが、poket tools。
現在は2機種発売されています。

dual mix 2  (写真左)

大定番アンプCompact 60のプリアンプ部分を取り出したのがdual mix。

2チャンネル・インプットのプリアンプ & DIに、リバーブがついています。
マイク入力には24Vファンタム電源供給可能で、コンデンサーマイクも使えます。
あとステレオAUX入力、ステレオヘッドフォンアウト、ハイパスフィルターも搭載。
また新機能の “ダブルプリアンプ” モードで、2つの独立したプリアンプとして使用可能です。

Compact 60のセンドリターンにこのdual mixを足せば、
チャンネルを増やすこともできます。

普段Compact 60を使ってるけど、持参できない場合は完璧ですね。

〜〜〜〜〜

colourizer 2 (写真右)

こちらは1チャンネルのPreamp / DI 。

下記の3つの機能で、細かく音作りができます。
パラメトリックEQ・・・可変範囲が切り替えられ、EQの幅も変更可能で、使いやすいです。
トーンバランス・・・AER独自の機能で、EQとはちがったサウンドメイクが可能。
エンハンサー・・・高調波を足し、音を明瞭に、きらびやかにすることが可能。

キャノン・インプットも可能なので、
ラインだけでなく、コンデンサーマイクにも対応しています。
phaseがあるのも便利ですね。結構かわります。

音作りがしっかりできるので、
コレ1台あるとライブでかなり重宝すると思いますよ。

〜〜〜〜〜

単純にAERのサウンドがお好きな方は、もちろんおすすめ。
2機種ともにケースがついています。
手のひらサイズなので、持ち運びに便利。
店頭にございますので、試奏も可能です。
ご自身の楽器をお持ちいただければ、より一層わかりやすいと思います。
かなり入荷が不安定なので、気になるかたはお早めに。

オススメのプリアンプ類はこちら