ハワイアンコア

Hawaiian Koa

アフリカンブラックウッドに続きましてー、ハワイアンコア。

今回はハワイアンコアを買いに、西原さんと名古屋まで行ってまいりました。
普段はハワイでセット材を買うことが多いのですが、
今回は厚みのあるフリッチ材です。
ボディー材だけでなく、ブリッジや指板など、いろんな用途で使えます。

入り口(通路?)からこんな感じでした。
いきなり目が覚めます。
Hawaiian Koa

写真で写っているのはほんの一部で、奥にはもっと大きな材がたくさん。
今回、一番高いグレードは数が少ないため、以前に比べて極端に高騰していたという理由で、
買い付けはされておらず、その次のグレードからのラインナップ。

まぁ、マスター材はなくても、カーリーがあればOK、
4Aぐらいあればラッキー!くらいで頑張って探しました。

・・・が、削ってみないと杢目がわからない・・・。
わかるようでわからない・・・。

そんな中、2人でなんとか選んだのはこの5本。

Hawaiian Koa

こんな感じなので、削ってみないとわからないんですよね〜。
アフリカンブラックウッドの原木に比べれば、まだ当たり外れは少ないと思いますが、
それでも、僕にとってはちょい博打。

ということで、5本とも西原さんに持ってかえってもらい、
早速、表面を削って写真を送ってきてくれました!
答え合わせです。

Hawaiian Koa
Hawaiian Koa

思っていたよりも良かったです。
いやいや一安心。

ちなみに、こちらは先日ハワイから届いた製材済みのコア、ウクレレセットの一部。
板6枚がウクレレ・ボディ、1台分です。
これは塗装すれば凄いことになるでしょうね〜。。

Hawaiian Koa
Hawaiian Koa

セットで買うと、いろんな杢目もえらべて、失敗も少ないんですが、やはり高くつきます。
大きな単位で買うと安くなりますが、
金太郎飴的に、同じ杢目が続くので、好みな杢でなければ大変ですね。
でも、大きい材をどうやって使うか。
これを考えるのも楽しいんです。