Picture

 

April 29, 2017

Hawaii


ハワイより戻って参りました。
半年に一度のペースでハワイ島とオアフ島に行くようになって5年以上たちました。
実家にかえるより多いペースです。
だいたい平均して約15名前後のルシアーとあいますが、
最近では木材を買いにいったり、地元のミュージシャンにあったりと、
毎回新しい出会いもあって、さらに充実しております。
一応、いつも海パン持っていってるんですけどね、
海に入ったことは一度もありません。

せっかくブログを書いているので、ハワイらしい写真を・・・と思いましたが、
ケイタイの中は木の写真ばっかりで・・・、どうしようもありません。
とりあえず今回はオアフ島での写真をいくつか。

Picture

Picture

Picture

Picture

Picture

Picture

Picture

Picture

Picture

Picture

もちろんウクレレも入荷しております。
これから徐々にアップしきますのでお楽しみに。
新鮮なカウコーヒーもありますので、
お店にも遊びにきてください。




 

April 14, 2017

KOU ukulele


2017年4月よりあたらしいウクレレのブランド展開することになりました。
名前は「KOU ukulele」。

Picture

サウンドメッセに間にあいました!
合計8本、展示いたします!

Picture

ルシアー古林達郎氏の「巧み」な技術によって生み出される特別なウクレレ。
持っていただいた方が「幸せ」な気分になっていただければ、
という思いで名付けました。

カスタムオーダーも可能です。
素材、形だけでなく、スケールやボディの深さもお選びいただけますので、
お気軽にご相談ください。

Picture

 
 

 

April 9, 2017

Lotus Acoustics


昨年より、ルシアー西原悠紀さんと一緒に、
ウクレレやパーラーサイズなどの小さなギター中心のオリジナルブランド、
”Lotus Acoustics”を展開しております。

その最新作の途中経過の写真です。
トップはAAAグレードのムーンスプルース、ベアクロウです。

Picture

 

サイドバックはブラジリアンローズウッド。
個人的に一番好きなタイプの杢目です。

Picture

 

スロテッドヘッドで少し珍しいペグがセットされる予定。

Picture

 

サウンドメッセに間に合うかも?
乞うご期待。


年間本数も極わずかではありますが、
素材を大切に、音色、使い心地に焦点をあてて、
自分たちが欲しいものを、1本1本丁寧に企画・製作し、
ご紹介させていただきたいと思っています。


Ukulele Gallery: Lotus Acoustics
instagram: Lotus Acoustics

 

April 2, 2017

サウンドメッセ出展いたします。


もう早いもので4月になりましたねー。

今月15日、16日に大阪南港ATCで開催されます、
サウンドメッセ2017に出展することになりました。

Pegasus、Lymana、Ko’olau、I’iwi 、Pu’uwai、Koa Worksなどの、
Made in Hawaiiのカスタム品いろいろ持っていく予定です。

昨年スタートしました、Nishihara Guitars西原さんとのコラボブランド"Lotus Acoustic”も出展予定です。
新作も(間に合えば)お持ちします。


Ukulele Gallery: Lotus Acoustics

 


また、この4月から新しくスタートするブランド”KOU ukulele”の展示も行います。
製作は、コストパフォーマンスが高く、音色が良いと評判の、古林さんにお願いしました。
カスタムオーダーもお受けできますので、ご興味ある方はぜひお声がけ下さい。


また弊社が輸入業務を行っておりますハワイのブランド”Ana'ole”は、
販売代理店モリダイラ楽器さんのブースで展示させていただきます。

Ukulele Gallery: Ana'ole



もしかすると通常HPにアップしていない特選中古品ももっていくかも?です。

会場でお待ちしております!


Soundmesse in Osaka 2017 Official HP

 

March 26, 2017

basiner Ukulele Bag


台湾発の楽器用バッグ・ブランド「basiner」より、
この度テナー用も発売されたということで、
当店でも取り扱いを始めさせていただきました。

Ukulele Galleryでご購入: basiner Ukulele Bag

Picture

 

ウクレレケースと言えば、どうしても可愛らしい雰囲気なものが多いので、
特に男性陣におすすめしたいケースが少なかったんですよね・・・。
シンプルなモノを探されていたお客様には、
リユニオンブルースのコンチネンタルシリーズをおすすめしていましたが、
こちらも生産終了。
(当店でもテナーは終了し、コンサートが少しあるだけです。)

Ukulele Galleryでご購入: Reunion Blues RB Continental Concert

Picture

 

そんなタイミングだったので、入荷を楽しみにしていました。
先日、コンサートは全色(4色)、テナー2色到着。
予想通り、人気はチャコールグレーやブルー系らしいんですが、
最近発売された「Midnight Black」も、
光沢あるつるっとした真っ黒なタイプではなく、
ミックス調で、素材感あって、雰囲気いいですよ。
今なら全色実物をチェックできますので、気になる方はぜひ!

Picture

 

サイズは2種類。
ソプラノ&コンサートと、テナー。
コンサートに普通のサイズ・スケールのソプラノをいれるとこんな感じです。
もちろんちょいデカですが、ネックホールドが結構しっかりしてるので、
「可」って感じです。
カマカのコンサートロングネック(テナーネック)は入りませんでした。

Picture

 

テナーはカマカを入れるといい感じ、
カマカテナー・ロングネックは入りませんでした。
大きすぎないところも、結構好きです。

Picture

 

ミュージシャンの意見を取り入れて、
インダストリアルデザイナーが手がけたブランドということで、
スタイリッシュなだけではなくて、とても気が利いていて、
ホントに良いケースですよ!
仕上げもキレイで、ストラップもいい感じです!
おすすめです!

<

 

March 21, 2017

GRACE design "BiX"登場。


レコーディングスタジオではおなじみ、アメリカ「GRACE design」より、
気になるプリアンプDIが発売されましたので、早速。

Picture

 

以前発売された上位機種「FELiX」は、2chインプットのプリアンプ/DI。
クリアで表現能力が高くて、レンジが広くて、低ノイズ、
つないだだけで別次元の「良い音」になります。
XLRインプットも可能なので、アコースティックギター、ウクレレだけではなく、
ボーカルなどコンデンサーマイクにも使えてとっても便利。
2chインプットのプリアンプは他メーカーでもありますが、
それぞれのチャンネルでEQでき、EQした音をそれぞれ出力することも、
ミックスして1系統で出力することも可能なのはFELiXくらいでしょうかー。
ちなみに当レーベルのバンド「indigo jam unit」のライブ時は、
グランドピアノにつけるピックアップ2種類にFELiXをつなぎ、音作りをしておりました。
一見、ペダルとしては値段が高いですが、内容を考えるとかなりお値打ちだと思いますよ。
ウッドベースの方には、特におすすめです。
高品質2chミキサーとしても使える、超優秀な機材です。

Picture

 

そして、FELiXの1chバージョンがALiX。
基本的には「FELiX」と使い方は同じだと思います。
アコーステッィクギターやベース、ウクレレなどの仕様用途で、
1chしか使わない場合はこちらで十分。
ACアウトがついているのも、使ってみると足下がスッキリして便利です。
キャノンインプットはありません。

Picture

 

っで、上記2機種の後、つい最近発売されたのが「BiX」。
ざっくり言いますと、「ALiX」の機能を必要最小限に抑え、
サイズダウン、使い方をシンプルにしたのが「BiX」。(だと思います。)
上位2機種「FELiX」「ALiX」と大きく違うのはEQです。
上位機種はHi,Mid,Loと3バンドで、Midはフルパラメトリック、
Loはスイッチでハイパスフィルターとしても使える優れもので、
「BiX」はLo / Hiの2バンドに簡略化されてます。
(ですが、それぞれスイッチで周波数設定を変更できます。)
ブーストやミュートなどステージでは必要不可欠な機能はバッチリはいっています。
チューナーアウトはありませんが、センド&リターンがついてますので、
チューナーが必要な場合はこちらに。
電源は、上位機種と違って9VDC仕様となっているので、
ペダルボードにも組み込みやすくなっています。
音質は、やはり歪みがすくなく"クリア"。
価格が近いプリアンプいくつかと比べてみましたが、
中域〜高域の出方が上品で、透明感があります。
ウクレレ・ピエゾPUの、耳につくキンキンした音も、
EQでしっかりカットできますのでおすすめです。
やはりコレも良いですね。

Picture

 

Picture

 

「BiX」は、ステージでの使いやすさ、機能、音質を考えると、
この価格帯では、今のところ個人的に1位です。
いろんな会場でライブをされる方や、ご自身でしっかり音を作りこむ必要がある方は、
上位機種「ALiX」をお勧めします。
特にマイクも使える「FELiX」は、仕様用途が一気に広がるので、

アコースティック系、ジャズ系の現場で重宝すると思いますよ。
店頭で試奏もできますので、お問い合わせください。

 

March 12, 2017

Oasis フロロカーボン弦


Picture

 
 

日本ではあまり見かけない弦が入荷しました。
「Oasis」というブランドで、素材はフロロカーボン、色はクリア。
「ブライト」と、1弦4弦が少し太い「ウォーム」の2種類です。
ソプラノからテナーまで同じで、ワースと同じように2本分の長さが入ってます。
アメリカの会社ということもあってハワイではちょこちょこ聞きます。
(現在I’iwiやBeau Hannamがこちらの弦を使っているようです。)

太さについて。
ブライト:1、2、4弦はワースCMにちかくて、3弦を少し太くしたセット。
ウォーム:1、2、4弦はワースCTにちかくて、3弦を少し太くしたセット。
ハワイではウォームの方が人気のようです。

あと同じブランドのローGも買ってみました。
こちらもブライト(0.31)とウォーム(0.33)の2種類。
金色で「スムースワウンド」と書かれています。

ローGは試していませんが、印象は良いです。



弦によってかなり音がかわるので、
時間ある時には、いろんな弦をチェックしています。
それぞれ特長がちがうので、
相性のいい弦を見つけるとかなりテンションあがります。
(弦だけに。)

そんなこんなで釣り糸も試していますが、
最終的には「ワースすごいなー・・・」って思って、実験終了することが多いです。
もちろん弦としての品質も良いし、
種類も豊富で必要なゲージはすべてそろっていますから。

 

March 5, 2017

フレックスライフの「UKULELE BOOK」


 flexlife 宮崎2daysが先ほど終了。
 最近はアコースティックギター&ボーカルでの活動が多いんですが、
 今回、数曲、ウクレレでの演奏がありました。

 最近、地元熊本でウクレレ教室も開いているということもあって、
 こんなのを自主制作されてました。

Picture

 
 



「UKULELE BOOK 〜ふれっくすらいふの12曲をウクレレで弾いてみる。」
 フレックスの演奏CDつき。曲も歌も良いので、ウクレレCDとしても使えてお得です。
 絵はすべて写真中央の画伯によるもので、これがなかなか良い仕事してます。

Picture



 
 

 ちなみに使用ウクレレはりえちゃんが持ってるVENTOです。
 久しぶりに再会しましたが、音も抜群、杢目がすごかった・・・。

 ウクレレブック、お店でも取り扱うことになったので、お楽しみに。