F.I.B JOURNAL / ROUTINE4229
■cat# :bss012
■artist :F.I.B JOURNAL
■title :ROUTINE 4229
■\\\ :1.500yen
■release :2006/03/08

ジャケット (bss012)


アー写


**********************************************************
<< F.I.B JOURNAL >>
NOISE ON TRASHのVocal、Guitarとして、また、リーディングイベント"BOOKWORM"の
主宰として知られる山崎円城(ヤマサキマドキ)のポエトリージャズ・プロジェクト
"Madoki Yamasaki writes the F.I.B JOURNAL"が、新メンバー、EGO-WRAPPIN'のベーシスト真船勝博、
サウンドデザイナーとしてアルケミースタジオ「北畑俊明」が加入し、「F.I.B JOURNAL」として再始動!

<< "F.I.B journal"という名称について >>
 古い英語に"fib/悪気の無い嘘をつく”という意味があります。この言葉に"journal"を付ける事で
「偽装新聞/偽装報道」というニュアンスを持たせています。
今日の報道が偽装やプロバガンダで無い事を祈りつつも、
"F.I.B journal"は今日に置ける報道の状況をブラックジョークを持って捉えた"fib-journal"です。
(2003.7.30 F.I.B JOURNAL社 山崎マドキ)
**********************************************************
<< ROUTINE 4229について...>>
日常の中で何かを感じると、気づくとすぐに何かを書き始めています。
それはぼくと云う人間のどうしようもない習性なのです。
こうしたごくごく当たり前の飾り気の無い日常生活の中から、ごく自然に生まれたこの『ROUTINE 4229』を、
ぼくは黒人のブルースやゴスペルと同じく、生活の中から生まれたぼく等ならではの
ルーツミュージックだと思っています。   山崎円城

※ここでポエトリーリーディングとして発せられている言葉達は、山崎が日々の生活の中で彼のアンテナに触れた
物事を緩やかに紡ぎ出した物です。山崎の非常にシニカルな視点が濃縮されています。是非、御覧下さい。
**********************************************************

曲解説
1. 詩人の作り方
(How to make a poet)
ここに書いてある事を一読して頂ければ、誰でも簡単に詩人になる事が出来ます。
書く事より重要なのは、実は感じる事なのです。

2. 偽装聖者
(Disguised saint)
中東ではテロリストは聖戦を、アーミーは解放軍を装います。
どうすればいいのかは分かりません。
だけど一般市民が苦しんでいると云う現状は、誰もがよく理解しているはずなのです。

3. OK23
ある時ニュースを見て、そこにある話題のほとんどが、事件や諸問題などのネガティブで否定的な話題で
占められていると気付きました。ネガティブなニュースはもう聞き飽きました。
漠然とでもまず何かを肯定する事。そうすれば少しは社会が明るく見えると思うのですが‥。
ぼくはこの曲で23回肯定しています。

4. キシム観覧車
(Creaked ferris wheel)
ここで言う観覧車とは、そうぼく等の住むこの世界の事です。ぼく等は肌の色や宗教の違い前に、
同じ世界の住民なのです。

5. TUNISIA MOOD
友人の住む、電話越しで覗いたチュニジアの夜を想像して。

6. Politician in mourning 05
(喪服を着た政治家)
※前作からのセルフカバー
この曲を書いた当時は、小泉構造改革があまり進展せず、世の中には期待倒れムードが漂っていました。
この曲はそんな状況を皮肉っています。

7. Too many sounds,Too many words
(多すぎる音に多すぎる言葉)
世の中には本当に多くの音楽と文字媒体が溢れかえっています。
その中でぼく等はどれだけ本当に心に響く事を知っているのでしょうか?

8. Girasol's song
※Girasolとはスペイン語で向日葵
秋に季節外れの向日葵を街路地で見つけた時、即座にこの曲が浮かびました。

9. B.R.I
(ブルース再生)
ぼくの育った川崎の工業地帯や歓楽街、友人の住んでいた部落の事を想って書きました。
その日暮らしの人達の生き方には随分と影響されました。不透明な明日の事は考えず、
今日を目一杯享受する。こうしてその日暮らしは繰り返されるのです。

10. I saw the echo
先頃他界した義祖母を想って書きました。

__________________________________________________________

MADOKI YAMASAKI WRITES THE F.I.B JOURNAL / F.I.B HEAD LINE

■cat# :bss003
■artist :MADOKI YAMASAKI WRITES THE F.I.B JOURNAL
■title :F.I.B HEAD LINE
■\\\ :2940yen(tax in)
■release :2003/10/11

ジャケ写(bss003)
(300dpi/RGB)
アー写
(300dpi/RGB)

PDF資料(bss003)

テキスト版資料(bss003)