◆ flower                       
(作詞アオキリエ/作曲大倉健)
さようなら青い果実 
こんにちは私の未来
美しい日々も悲しい日々も
すべて混ざって
うずまき模様描いたら
とけていく夢のあとさき
はるか遠く
生まれた意味など今はまだ
分かりはしないけど
ななな、今日も歌いながら
私は誰なのか探してるさようなら古い日記 
こんにちは鍵穴のないドア
扉を叩けどなしのつぶてで
いつも返事は
かえらぬままこだまだけが
鳴り響く
私いつでも迷路で迷子
今日までの日々の意味など
後からついてくるでしょう
ななな、明日も歌いながら
何かが分かるまで探してる
固いつぼみよ 
咲き誇れ今すぐ
名前をつけてそして
花になるわ


◆ 胸の扉 風の町
             
(作詞アオキリエ/作曲大倉健)
風の音を忘れたら思い出してよ
君の胸にもむかしは風が吹いてた
心から望んだ時に聞こえてくるでしょう
この町にも優しげな風は吹いているでしょう
今すぐあけて胸の扉
昨日の涙はわすれて
今すぐあけて君の扉
小さな部屋を抜け出して
踊ろう
明日の事などいらない
しばらくこうしてたいの
明日の事などいらない
小高い丘にのぼれば分かり始める
風のにおいやかたちが見えてくるでしょう
君の頬なでていくよ
なつかしい草のにおい
砂ぼこりさえも君に
ほら愛をくれてるわ
今すぐあけて胸の扉
昨日のなみだは忘れて
今すぐあけて君の扉
小さな部屋を抜け出して
踊ろう
明日の事などいらない
しばらくこうしてたいの
明日の事などいらない


◆ Aquarious   
(作詞アオキリエ/作曲大倉健)
嵐の後の魚の様だわ
溺れないように漂うだけの私
確かなものなどない宇宙のブラックホール
どこまでもどこまでも
揺られ揺られてクラゲの様だわ
消えてしまいそうで消えはしないのよ、私
夜空を見上げたら天の川 ミルキィウェイ
星屑が語りかける
*たださまよえばいいわ
我がままに流れのまま
私は漂流者
夢に終わりは無いわ
思い描け行きたい場所
輝け、胸のアクエリアス
破れ破れたクラゲの様に
消えたくなったって消えちゃだめだわ、私
頭の中つくりあげた幻さ
怖れだとか不安だとか
*あなたは漂流者
*誰もが漂流者
輝け、胸のアクエリアス


◆ さらばい  
(作詞アオキリエ/作曲大倉健)
花びら吹雪くこの道を歩けば
ゆううつな気持ちも少し晴れるけど
昨日も今日も明日も見えぬまま
立ち尽くしてたら明後日が来た
さらばい さらばい
どこ吹く風の街なみに
さらばい さらばい
一人取り残されてしまうよ
夕焼け小焼け
どこかへ帰りたい
夜の静寂に裸で泳ぐ
お願いよ
季節はずれの雨蛙見つけて
ゆううつな気持ちも少し踊るけど
春夏秋冬 変わり目も知らず
気付けばまた春夏秋冬
さらばい さらばい
どこ吹く風の年月に
さらばい さらばい
一人取り残されてしまうよ
夕焼け小焼け
どこかへ帰りたい
夜の静寂に裸で泳ぐ
夕焼け小焼け
燃え尽きるその前に
あすを占う曇りのち晴れ
お願いよ

◆ 声をきかせて 
(作詞・作曲 大倉健)
いつも悲しい顔で
泣いている
君の事を見ていた
いつか太陽の下
踊ってる
君の事を見てみたい
声をきかせて
夢をきかせて
寂しい夜はいらない 
ららら
もしも心の奥で
迷ったり
苦しんだりするなら
どうか教えてほしい
分け合える
喜びも悲しみも
声をきかせて
夢をきかせて
寂しい夜はいらない 
ららら

◆ 森へ行けば                  
(作詞アオキリエ/作曲大倉健)
待ち合わせには
いつも間に合わない
見送ったわ乗るはずのバス
少しの贅沢と
ひきかえに手に入れた
たくさんの不自由を
持て余すのなら
*いそいで森へ行かなきゃ
今までと同じ
いそいで森へ行けば
あぁ星降る夜
しあわせなら
たくさんほしいのに
目移りして見失うばかり
泣かないで胸の炎
消えずに隠れている
誰かをうらやむだけじゃ
消えてしまうから
いつからか見失った
私を探しに
いそいで森へ行くのよ
あぁ待ちきれない
いそいで森へ行かなきゃ
今までと同じ
いそいで森へ行こうよ
あぁ星降る夜


◆ シャングリ・ラ       
(作詞アオキリエ/作曲大倉健)
深い森に
霧がたちこめたら
ゆるりゆるり手探り
濡れた落ち葉
足を取られながら
ずぶりずぶりバビロン
青い鳥の羽音がひびきわたる
ポプラの木立ちから
姿を見た者は誰もいないというよ
だばでぃどぅ 何処にあるのシャングリ・ラ
だばでぃどぅ 深い森の奥で会えたら…
青い鳥のさえずりが聞こえたら
しあわせの合図
昨日までの悪い魔法もとけるというよ
だばでぃどぅ 何処にあるのシャングリ・ラ
願えば願うほど 遠のいてく夢の国
だばでぃどぅ 青い鳥が住むシャングリ・ラ
願えば願うほど 遠のいてく夢の国

◆ 遠吠え                 
(作詞アオキリエ/作曲大倉健)
流れ星通り過ぎたあっけなく
願い託す間もなく逃げて消えた
狡さと甘えの中で生きる私
何を求めて過ごしていくのか
今はまだ夢に遠吠えするだけ
誰かの愛を少しだけ知ったら
一人と二人は違うと知ったよ
泣いた事ないような顔で人は皆
ほんとは一人どこかで泣いてる
今はまだ夢に遠吠えするだけ
悲しい時はいつでも
丸まって眠るだけ
光の足音がいつか
訪れるのをゆっくり待つわ
流れ星通り過ぎたあっけなく
願い託す間もなく逃げて消えた
狡さと甘えの中で生きる私
何を求めて過ごしていくのか
今はまだ夢に遠吠えするだけ