■artist : Tsuji Kosuke
■title : enda safari "bottom rhythm jam"
 2007.07.04 release!!!

■artist : TSUJI KOSUKE
■title : enda safari "bottom rhythm jam"
■cat# : bss017
■\\\ : 2310yen (tax-in)
■release : 2007.07.04


kosuke Tsuji(percussion) / Gandhi(contrabass)1,3,6
Takehiro Shimizu(drums)2,3,6 / "BJ "Katsuhiko Sasai(el bass )4

ジャケット写真

アーティスト写真

コンガ3本、ジャンベ2本を恐ろしいスピード感&爆発力をたたき出す、躍動感あふれるパーカッショニスト辻コースケのソロ・プロジェクトenda safariの第2弾!
本作は、弦高が異常に高くテンションのきつい楽器で、パーカッシブで図太い爆音を奏でる
シネマ・ダブ・モンクスのウッド・ベーシスト「ガンジー」、
indigo jam unitより、鋭い感覚とダイナミックさを兼ね備えた若干23歳の若き天才ジャズドラマーの
清水勇博をゲストに迎え、決め事ナシの怒涛のセッション、緊張と爆発の1日を一発収録。
また同じくindigo jam unitコントラバス担当のBJもエレベで参戦!
小細工ナシの強烈スラップで辻に挑んだ激走トラックも収録。
合わせているようで、実はわが道を行く意志の強い3人、
強烈な個性あるミュージシャンの素っ裸な姿です。
JAM BANDファン、パーカッションがお好きなワールド・ミュージック・ファン、
ウッドベース&ジャンベ好きの低音中毒者の方!彼らのHEAVY GROOVEを是非お試しあれ!
※drums,bass & percussion, for groovers only!!!

<tracks>
・tr1.contrabass&percussion /ウッドベース最太音、6/8リズム。ジャンベがからみ、5分ごろから爆走!
・tr2.drums&percussion/疾走感あるラテンビートから、縦横無尽に変化!percussion session Lesson3 !
・tr3.contrabass,drurs&percussion /7拍子のディープでドラマティック、スピリチュアルなセッション。
・tr4.el.bass&percussion / 最強スラップVSジャンベ!限界まで挑戦!
・tr5.percussion solo / 5本の太鼓のみでストーリーを奏でる。
・tr6.contrabass,drurs&percussion / 3人の気持ちいい極太グルーヴ。そして高速4ビートから爆発!
・tr7.percussion solo / ジャンベ1本の暴走機関車!

<辻コースケ・プロフィール>

12歳よりドラムを始める。3度のアフリカ、ケニア修行を経て、ドラマーからパーカッショニストに転向。伝説のjamバンド「phat」のサポートを経て、打楽器ユニット「percussion session」を結成。2枚のアルバムをリリース、2007年初のソロ・アルバム「enda safari」をリリースし、DJ、ミュージシャンなどなどの業界関係者だけでなく、jazz、クラヴ・ファンを中心に広がり、現在もロングセールスを記録中! GOMA&JUNGLE RHYTHM SECTIONのメンバー、GONTITIのアルバムやツアーへの参加、また“ターンテーブルの魔術師”との異名をもつジェフ・ミルズとの共演などなど、その圧倒的で唯一無比のスタイルを武器に活動中。

【コメントを頂きました!

僕は、時折、コードやメロディーやそして歌詞というものが、
とても しゃらくさく、鬱陶しくなる事があります。
誰かに伝えるためだけに音楽はあるのか?
だから、音楽の原型として、
そして真の音楽の本質としてのリズムが好 きです。
ところで、辻君と二人だけでリズムを紡いでいると、
何だか共に戦う戦 士のような気分になるのは何故でしょう?
腐ったメロやコードや歌詞を排除した時、
我々は、戦友なのかもしれま せん。
(僕の一方的な思い込みですが)
ともあれ、辻君は、優れた才能を持つ一級戦士です。
ゴンザレス三上

************************************************
進め!進め!辻コースケ!
血管切れても、血圧下げろ。
チチ松村

************************************************

コースケのビートは強くてしなやかでいて、繊細、かつ迷いが無い。
このアルバムでは一期一会のような、
一発勝負の新たな挑戦を聞く事が出来る。
リズム・フリークス達には必聴の作品だ。
勝井祐二(ROVO)
************************************************

オフィシャル・サイトwww.basisrecords.com/tsuji/

■ basis records : www.basisrecords.com / info@basisrecords.com


TSUJI KOSUKE / enda safari
■artist : TSUJI KOSUKE
■title : enda safari
*guest musician
track 3 / GOMA
track 5 / GONTITI
■cat# : bss013
■\\\ : 1500yen
■release : 2006.04.05

ジャケット

アー写

**********************************************************
圧倒的なライヴパフォーマンスを誇るパーカッショニスト「辻コースケ」のソロアルバム!
本作ではゲストに、ディジュリドゥ奏者GOMA、
そしてGONTITIのお二人が6弦&8弦ウクレレで参加!
GOMAとの迫力ある低音セッションは、2人の奏でる唯一無比の強烈なグルーヴを収録。
GONTITIとのセッションでは、本作のタイトル「enda safari」をキーワードに、
そして辻コースケの描いた絵をモチーフにセッション。
ソロ演奏では、独自のグルーヴ感、スピード感あふれる4トラック収録。
ボーナストラックとしてケニアでの現地パーカッショニストとのセッションを収録。
全7曲一発録音、ダビングなし、鮮度が高く、迫力ある演奏が詰め込まれた音源です。

**********************************************************

■Tsuji Kosuke プロフィール
12歳よりドラムを始める。
3度のアフリカ、ケニア修行を経て、ドラマーからパーカッショニストに転向。
伝説のjamバンド「phat」のサポートを経て、
打楽器ユニット「percussion session」を結成。2枚のアルバムをリリースし、
DJ、ミュージシャンなどなどの業界関係者だけでなく、jazz、クラヴ・ファンを
中心に広がり、現在もロングセールスを記録中!
GOMA&JUNGLE RHYTHM SECTIONのメンバー、
GONTITIのアルバムやツアーへの参加、
また“ターンテーブルの魔術師”との異名をもつジェフ・ミルズとの共演などなど、
その圧倒的で唯一無比のスタイルを武器に、活動中。
一方、『リズムは心臓の鼓動とともに、誰の中にもあるもの。
リズム音痴の人やリズム感がない人など元から存在しない。』をモットーに
“ジャンベ・ワークショップ”も開催、 アフリカンやラテンなどの型にとらわれない
『リズムを楽しむ教室』として幅広い年齢層の人が参加している。

Tsuji Kosuke official HP www.basisrecords.com/tsuji/

**********************************************************